格安スマホのデータ量制限プランとテザリングで通信費節約!

月々支払わなければいけないスマホやインターネットの利用料金等の通信料金は意外に大きな出費です。

最近注目されている節約方法は、大手携帯会社から格安スマホに乗り換えるというものですが、そんな乗り換えの際に気を付けたいのがデータ量制限プランとお使いの機種がテザリングができるかどうかです。

まず初めにデータプランについてですが、家族で何台かスマホをお持ちなら一番使う人だけ使い放題プランにして、ほかの人は3GBや5GBなどのデータ量に制限があるもの(データの使用が一定量を超えると使用分だけ別途料金が加算されるというプラン)で十分です。

使い放題プランでも大手通信会社との契約よりお安くなりますが、データ量の制限があるプランなら一番安いもので通話付でも月々1000円台でスマホが使えます。

そして2つのポイントはお使いの機種にテザリング機能がついているかどうかです。

テザリング機能とは携帯からwifi(インターネットの接続用の無線)を飛ばす機能のことです。

このテザリング機能を持ったスマホが家に一台あれば家にいる間はパソコンその他のスマホも1台の携帯電話の契約でインターネットを使うことが出来ます。

つまり上で契約した使い放題プランの携帯にテザリング機能がついていれば、インターネット回線を別に契約する必要はないのです。

通信速度をそこまで重視されない方なら速度も十分です。

この記事でも実際に節約した例が紹介されています。
嫁のスマホをワイモバイルに乗換えて節約に成功

是非格安スマホでスマホ代とインターネット代を節約してみてください。

通信料金を削減するために見直すこと

携帯電話やインターネットなどの通信料金は家計にとってかなり大きなウエイトを占めるようになりました。

そのためこの通信料金を節約することができれば、大きな効果を実感できるといえます。

最初に手をつけることは、携帯電話やスマートフォン、インターネット接続のプランの見直しです。

自分の必要以上のプランに入っていることがあるので、最適なプランを選ぶことにします。

また、オプションなども過剰に入っていることがあるので、見直した方がいいでしょう。

スマートフォンやパソコンでは無料通話アプリのようなものもあるので、こういったものを活用するのも良い方法です。

すでにこのような無料通話アプリを使っていたり、また、プランの変更の余地がない場合もあります。

そのような場合など、通信料金をあまり削減することができない場合は、キャリアの変更やインターネットプロバイダーの変更を検討しましょう。

インターネットでは、各社の料金を簡単に比較することができるので、料金を基準にして選んでみましょう。

自分にとって不必要なサービスや特典はなるべく省いて、必要最低限のサービスのプランに書いてみましょう。

そうすることで通信料金を削減する可能性が出てきます。